タラソテラピー

タラソテラピーの基礎知識

タラソテラピー header image 2

アルゴセラピー編

2015年02月26日 · コメント(0) · 未分類

 

アルゴセラピーとは、海の恵みを利用するタラソテラピーという美容法の一つであり、海藻療法と呼ばれることもあります。パックで全身を包み温めることになるのですが、ミネラルを含んだ海藻や海水の働きにより、リラクゼーション効果や美容効果、健康増進などに役立つと言われています。また、肌を引き締めて潤いを与え、代謝を促すという効果も期待できます。このアルゴセラピーに使われる海藻は、とても細かく粉砕されているため、なめらかな肌触りも魅力となっています。海水と海藻を混ぜた泥状の液体を全身に塗布してそのまま時間を置くという施術方法なのですが、しばらくすると液体が固まってきて肌表面の熱を奪います。体が冷えてきたらビニールや温熱マットなどでしっかりと温め、代謝を促すことになります。最後にシャワーで全身を流して終了という流れなのですが、一回の施術には30~50分程度かかります。また、代謝が高まることによってダイエット効果が期待できますし、若々しい体を手に入れて日々を健康に過ごしたいという人にもオススメです。料金はエステサロンによって異なってくるのですが、中にはかなり手頃な料金のところもあるので、事前に確認してみると良いでしょう。

 

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。